まとめかよコム

2chは真面目な話題のほうが多いんです。 育児から家電まで悩めるあなたの心を癒す話題もあります。

    タグ:手塚治虫

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 擬古牛φ ★ 2015/08/31(月) 14:33:58.41 ID:???
    ★原発と国家 番外編 アトムの涙 手塚治虫が込めた思い (下) 原作を読むきっかけに

     東京電力福島第1原発事故の後、インターネットの掲示板などに「鉄腕アトム」への批判的な意見が相次いだ。
    多くは「原発のイメージアップに加担しているのではないか」という書き込みだ。
     手塚治虫の長女(48)は不安に駆られ、何度も声を上げそうになったが、そのたびにファンが反論して"疑惑"を打ち消してくれた。

     有名なアトム誕生のエピソードからして「父の思いがよく出ている」と長女は言う。
     わが子を失った天馬博士が悲しみのあまり、息子そっくりのロボット、アトムをつくる。
    博士は最初は喜んでかわいがるが、成長しないアトムにいらだち、ついに追い出してしまう...。
     「幸福のためにあるはずの科学技術が、人のエゴや欲でゆがめられてしまう。アトムはいつもそのはざまで悩んでいるんです」

     米国が行った核実験で被ばくした「第五福竜丸」が海に浮かんでいる。
     アトムに向かって「この原子力ロボットめ、死の灰を降らせるな!」と叫ぶ村人たち。
    涙を浮かべたアトムに、手塚はこうつぶやかせている。「ボクは正義の味方だと思っていたのになあ」

     「アドルフに告ぐ」「グリンゴ」など手塚は後年、社会派の作品を残した。
    時流に敏感な手塚が生きていたら、原発事故から着想を得て、シリアスな人間ドラマを描いたに違いない。

     「なのはな」「プルート夫人」など、福島の事故後、原発をテーマにした作品を次々に発表した漫画家の萩尾望都(63)は、
    「鉄腕アトム」が原発と関連づけて語られることにやるせなさを感じ、こんな「アトム最終話」のあらすじを考えた。

     原発の事故直後、アトム、コバルトの兄弟と妹ウランが一緒に、放射性物質の除染のために福島に向かう。
    3人は発電所内で除染を終えた後、壊れて動かなくなる...。

     「その物語を、いつか私に描かせてほしい。(福島の現状を見て)手塚先生は、きっと許してくださると思うんです」(大津薫、文中敬称略)

    47NEWS http://www.47news.jp/47topics/tsukuru/article/post_106.html




    19: 名無しさん@70周年 2015/09/01(火) 17:48:43.22 ID:Sp6DVIRZQ
    >>1

    日本の敗戦時に「これで、自由に好きなものが描けるんだっ」
    と1ページ大で泣き顔でわめいた手塚氏には、「少年H」並みの
    愚かさ、ご都合主義、偽善しかない。 同じ医学生であった
    山田不風太郎氏の「戦中派不戦日記」における日本人の誠実を見よ。
    このイカレタひゅーまにずむはその後の里中満知子などに軽傷される。
    かれは白戸三平のチョウセン史観に共鳴していたね。




    3: 名無しさん@13周年 2015/08/31(月) 14:52:08.26 ID:NVguwAEpL
    核融合で動いているアトムが除染するだけで壊れるのかー
    脳みそ取り出して洗った方がいいね




    4: 名無しさん@13周年 2015/08/31(月) 15:00:12.37 ID:UaiD70yV4
    >>3
    原発が核分裂で、
    アトムの動力が核融合なら、
    矛盾はないだろう。




    5: 名無しさん@13周年 2015/08/31(月) 15:04:42.23 ID:zo91NB8fz
    いや、そこはさぁ

    アトムは原発事故の除染作業をかって出た。
    もともと原子力で動き、制御回路には真空管が使われているアトムは
    高放射線環境下での作業にもびくともしなかった。
    原発建屋内の瓦礫を運び出し、必要な機材の搬入、
    高濃度汚染水の汲み出しにも精を出した。

    作業をすればするほど、アトム自身が放射性物質で汚染されていく。
    最初はアトムに感謝し、ねぎらっていた人間たちも、
    ついにはアトムに近づくことすらできなくなってしまった。
    アトム自身が、人間にとっては放射性廃棄物になってしまったのだ。

    それを悟ったアトムは、地中深くまで穴を掘り、自身を埋める決意をする。
    穴に身を投じるアトムは、一言だけ
    「ボクは正義の味方だと思っていたのになあ」
    という言葉を最後に最後に残した。

    じゃないの?




    7: 名無しさん@13周年 2015/08/31(月) 15:30:17.99 ID:tsbJqUn8u
    >>6
    元素としての鉄、と言っても関連が分からないレベルだと>>4を推測。




    9: 名無しさん@13周年 2015/08/31(月) 16:09:30.46 ID:kFntypnNE
    この人の作風だと美少年のアトムと美形のコバルトの絡みしか見るものがない

    【萩尾望都が描きたい「鉄腕アトム」最終話 事故直後の原発にアトムらが向かい発電所内で除染を終えた後、壊れて動かなくなる...】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 :yomiφ ★:2013/05/28(火) 23:15:55.11 ID:???



    ■省略が生んだアトムの世界

     手塚治虫の人気キャラクターが、ブラウン管の中で動き回る。昭和38年1月1日、
    フジテレビで放送が始まった日本初の連続テレビアニメ「鉄腕アトム」は、多くの子供たちの
    心をわしづかみにした。動くアトムの誕生は、50年にわたって独自の進化を遂げ、今や
    「クール・ジャパン」の代表格となった日本のテレビアニメの幕開けだった。

    ■常識破りの手法

     「『アトム』はアニメーションではなく、アニメです

     手塚は虫プロダクションのスタッフの前でそんな持論を語った。劇場用アニメが
    「まんが映画」と呼ばれていた時代だ。「アニメーションをただ略しただけでは?」。
    スタッフの一人で、その後「タッチ」や映画「銀河鉄道の夜」などを監督した杉井ギサブローさん(72)は、
    手塚の真意が分からなかったという。

     東映動画(現・東映アニメーション)を経て虫プロ設立に参加した杉井さんは、
    幼少期にディズニーの「バンビ」を見てアニメ制作を志した。手塚は大のディズニーファン。
    「すごい作品を作るはず」という期待とは裏腹に、手塚は常識破りの手法を次々と採用した。
    セル画の枚数を減らすため、背景や動画を使い回したり、口や足といった体の一部だけを
    動かしたり…。手塚が「アトム」で目指したのは、米国でも試行されていた
    「リミテッド・アニメーション」の省略と合理化だった。

    ■新旧交差の現場

     「一番はじめのころは、30分を7人くらいで作っていた。東映動画では200人ほどで
    描いていた時代。驚異的なシステムだった」

     セル画の多い「フルアニメーション」を経験してきた杉井さんは「紙芝居じゃないか」と困惑した。
    しかし、完成した1話を見て感想は一変する。「物語性を前面に出せば、動かなくても面白い。ショックだった」

     最高視聴率は40%超。おもちゃや文具といった関連商品が次々と発売され、他社も
    相次いでテレビアニメに参入するきっかけとなった。「手塚先生は『アトム』を“発明”し、
    日本に『アニメ』という産業を作り上げてしまった」と杉井さんは振り返る。

     「手塚先生の本性は漫画家でもアニメ制作者でもなく、物語作家。物語を伝えることに
    大きな興味があったからこそ、思いついた手法でしょう」。「機動戦士ガンダム」シリーズの
    生みの親、富野由悠季(よしゆき)さん(71)はそう語る。

     富野さんも昭和39~41年、アトムの演出などを手がけた一人だ。外部プロに作画を
    注文する作業も担当した。外注先には、日本初のフルセル画アニメ「くもとちゅうりっぷ」を
    手がけ、「日本のアニメーションの父」と呼ばれる政岡憲三といった大御所もいた。

     「大アニメーターに向かって、手塚先生がアトムの描き方を講義する。僕はその橋渡し役ですから、
    ある意味ひどい目にあった。しかも、できあがってきたものは極めてクラシックで、
    リミテッドの方法と根本的に違う」と、当時の困惑を懐かしそうに語る。

     実写志望だった富野さんは「アトム」の簡略表現に違和感も覚えていた。
    「外注で『古くていい仕事』を見ることができたのは大きかった。『物語がしっかりしていれば
    動かなくてもいい』と思う一方で、同じ漫画絵を動かすにしても、これだけ幅があると知った」

     独立してアニメーターとして活躍したり、制作会社を作った虫プロ出身者は多い。
    新旧文化と技術が交差する「アトム」の現場は、創造的な“学舎”でもあった。
    (>>2へつづく)

    http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130528/ent13052807580001-n1.htm



    35 :なまえないよぉ~:2013/05/29(水) 02:12:08.67 ID:V+DHNB7W

    >>1
    予算削減案を作り出したおかげで後世永遠とアニメーション作成でテレビ局が予算が少なくても出来ると思われてるのは手塚が原因と未だに陰口を叩かれる事になる。



    2 :yomiφ ★:2013/05/28(火) 23:16:28.17 ID:???

    ■再び常識突破へ

     日本動画協会によると、年間に放送・公開されるアニメは、テレビと映画合わせて
    200作以上、関連商品を含む市場規模は1兆3千億円以上。「アトム」から半世紀、
    日本は世界有数のアニメ大国となった。

     ただ、富野さんは「人々がテレビアニメという媒体が抱える問題を疑わなくなった。
    蛸壺(たこつぼ)にはまってしまっている」と苦言を呈し、「物語をいかに作るかで勝負しないと」と訴える。
    前出の杉井さんは、デジタル表現の進化やネットの普及に触れ、「ほかのメディアと
    同様にアニメも変わらざるを得ない。手塚先生が自由な発想で時代とシンクロしたように、
    また、新しい挑戦ができる」と話す。

     より時代に即した「伝える」方法を探して、常識に挑む。そんな手塚のDNAは、
    新しい時代にも求められている。

    http://sankei.jp.msn.com/images/news/130528/ent13052807580001-p3.jpg
    「当初はスタッフも少なく、切羽詰まるとまともに寝られない生活でした」と振り返る杉井ギサブローさん

    http://sankei.jp.msn.com/images/news/130528/ent13052807580001-p4.jpg
    「手塚先生が『同じようなことをやっているから視聴率が落ちるんですよ』と怒ることもあった」と明かす富野由悠季さん

    (了)



    3 :なまえないよぉ~:2013/05/28(火) 23:19:03.61 ID:TwTEY2J1

    手塚先生が偉大なのはわかるけど、ちょっとオーバーじゃない?



    4 :なまえないよぉ~:2013/05/28(火) 23:20:45.48 ID:dz7pci13

    アニメの神様って感じで称えようってことだろうけど、

    マンガの神様でええやん



    5 :なまえないよぉ~:2013/05/28(火) 23:22:43.46 ID:PS8gxWJp

    >>3
    ちゃんと記事読めばわかるけど、「アニメーション」じゃなくて日本的な「アニメ」の発明者ってことだから正しい
    というかこの杉井ギサブローが話してる内容も有名すぎて、何で今更記事になったかよくわからんくらいだ


    6 :なまえないよぉ~:2013/05/28(火) 23:23:12.72 ID:86XtpUul

    内容的に新味はないけど、朝日でも先月?ほぼ同内容の記事見たな



    7 :なまえないよぉ~:2013/05/28(火) 23:24:56.42 ID:KckHPxEd

    手塚先生は偉大だわ

    で、アニメーター に低賃金で過酷な労働を全て押し付けたんですね。



    24 :なまえないよぉ~:2013/05/29(水) 00:47:08.51 ID:y5HuDAY4

    >>7 必ず湧いて来るなぁこういう奴 
    わざわざ書き込むなら、虫プロ興亡記とか作画汗まみれ位は並読してるのかなぁ
    ダンピングを繰り返してるアニメ会社の経営者の詭弁だって解るだろ


    8 :なまえないよぉ~:2013/05/28(火) 23:25:50.93 ID:PqQyKwK+

    虫プロの債権者が手塚治虫のことボロカスに言ってる番組見たことあるけど、経営者としては微妙だったんだなwと思った



    9 :なまえないよぉ~:2013/05/28(火) 23:32:03.38 ID:BEP73azO

    自己愛性症候群のご都合主義者に利用されないようにね。



    10 :なまえないよぉ~:2013/05/28(火) 23:35:04.27 ID:BEP73azO

    良いところにいけなかったら
    仕事で見返すより
    UCLA詐称をすることを選ぶ男の
    教科書斜め読み指導デジタルアニメ。


    手塚先生の名前も都合よく使っているな。

    【アニメは手塚治虫の「発明」だった】の続きを読む

    このページのトップヘ